ZIP!新司会の北乃きいは過去のフライデー熱愛画像に悩まされる!?

北乃きいさんが朝の情報番組「ZIP!」に抜擢されましたね!

北乃きい

意外な人選のような気がしますが、きいちゃんが司会をすることに

喜んでいる人がいる反面、否定的な人もかなりの数いるようです。

それは、過去の熱愛報道と画像が原因になっているとか!?

気になったので調べてみました。

 

「プロフィール」

 

本名 松村 沙也加(マツムラ サヤカ)

生年月日 1991年3月15日

出身 神奈川県

デビュー 2005年

 

きいちゃんの本名は公式では非公開ですが、

卒業アルバムなどから本名がバレてしまったようです。

特技がピアノと中国語とクラシックバレエだそうですが、

ピアノとバレエを両方習ってたとか、家は結構裕福だったんじゃないかなと思います。

 

「代表作ライフは実体験の演技だった!?」

 

きいちゃんがブレイクするキッカケとなった作品は、

イジメをテーマにした「ライフ」というドラマです。

知ってる人も多いですよね!

 

北乃きい ライフ

 

この作品でドラマ部門のゴールデンアロー賞新人賞を受賞しています!

きいちゃんの演技が認められたという証拠ですが、

実は、きいちゃん自体も中学の頃にイジメにあっていたそうなんです!

 

「ライフ」はもともと原作が漫画なのですが、いじめられていた当時に

リアルタイムで読んでいて、共感したり勇気をもらったりしていたそうです。

ただ、まさか数年後に自分が主人公の役を演じることになるなんて、

想像もしてなかったでしょうね!

めぐり合わせってあるんだなーと思いました。

 

「ZIPの司会決定で皆の反応は?」

 

きいちゃんに司会をすることになったのは、

関根麻里(セキネ マリ)さんが結婚されて、ZIPを卒業することになったからですが、

朝の情報番組ですから、爽やかさがウリだと個人的には思うんですよね。

 

関根麻里

↑関根麻里さん

 

関連記事↓

関根麻里があの有名歌手と結婚!

関根麻里の食べ方が汚いと噂に・・・

 

しかし、先日放送された「アメトーークSP」にゲストとして出演していたきいちゃんが、

かなり残念だとネット上で話題になっているんです(汗)

 

北乃きい アメトーク

↑の画像がその時のものですが、う~ん。確かに残念な感じがありますね(汗)

メイクや髪型が似合ってないせいもありますが、

太った!?という意見もありました。

確かに、10代の頃に比べればふっくらしたかもしれませんが、

それでも全然痩せてる範囲じゃないかと思います。

 

アメトーークを見た人たちからは、

このメイクでZIP!に出てきたらチャンネルかえる!

なんて厳しい意見もありました。

さすがにこのメイクで出てくることはないと思いますが、

前任の麻里ちゃんが好感度抜群だったこともあって、ハードルはかなり高そうですよね。

 

「過去の熱愛画像が足をひっぱる!?」

 

もともとは清純派路線の女優さんでしたが、2009年から2年連続で

スキャンダルが報道されて以来、演技の実力は確かなのに、

人気がおいてけぼりにされている感がありました。

噂によるとファンもかなり減ったという話で、

ネット上ではきいちゃんは迷走中だとも言われていました。

 

そして、2013年にふたたびフライデーで熱愛をスクープされてしまったんですが、

その時の画像が、かなりイチャイチャとしていたようなんです!

 

北乃きい フライデー

 

確かに、イチャイチャしてますね!

まぁ個人的には、20代の女性ですし、彼氏とこれくらいのスキンシップは

普通じゃないかと思うんですけどね(笑)

 

気になるお相手は、佐野和真(サノ カズマ)さんという俳優さんで、

3年前に一度、お付き合いしていたことのある人です。

 

復活愛、きいちゃんが一途だという好意的な意見もありますが、

立て続けに出た熱愛スクープが効いてるのか、

スキャンダル女優のような扱いになってしまっている感じもあります(汗)

 

佐野さんとは以前も熱愛スクープされていて、

その時にはキスシーンまで激写されていますから、

いくら恋愛が自由とはいっても、ダメージはかなりのものだったと思います!

 

しかし、考え方を変えれば、今回の司会はイメージを爽やかなものに

変えるチャンスかもしれません!

毎日、深夜2時くらいに起きる生活になるので大変だとは思いますが、

きいちゃんにとっては、これからを左右するような仕事になる気がするので、

頑張ってほしいなと思います。

 

それでは、ZIP!新司会の北乃きいさんと熱愛画像についての記事は以上です。

読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す