青木隆治の性格が悪すぎる!?芸能界から干された理由とは?

ものまねタレントやシンガーソングライターとして活動している青木隆治さん。

青木隆治

最近はメディアにまた少しずつ露出するようになりましたが、

人気だった頃と違い、少し前までは全くと言っていいほどテレビ出演されていませんでした。

 

「ものまねBIG3」としてコロッケさん、原口あきまささんと並ぶほどの腕前の持ち主なのに

なぜ、彼らほどの人気がないのでしょうか。

 

調べてみたところ、その原因はものまねタレントとしての実力ではなく、

青木隆治さんご本人の性格に問題があったようなのです。

 

ものまねタレントになる前はものまねが嫌いだった

 

本題に入る前にまず、青木隆治さんについて軽く紹介しますと、

彼は1981年1月29日生まれの現在33歳。

父親は彼と同じ、ものまねタレントであるツートン青木さん。

ツートン青木

親子2代でものまねとは、血は争えないというやつですね(笑

 

ただ、青木隆治さんがものまねタレントとして活動する前は、

実はものまねが嫌いだったのだそうです。

 

というのも、彼は学生時代から歌に対して非凡な才能を持っていたようで、

当時は歌手を目指していました。

 

その実力といえば、高校の音楽の先生から「歌が上手いのね」と評され、

授業外の時間に先生から特別に歌の練習の時間をとってもらえるほど。

また、NHKのど自慢に出演し、チャンピオンになったり、そのチャンピオンが集まる

チャンピオン大会でも優秀賞をとるほどだったそうです。

 

その実力ゆえに

「ものまねなんて自分の歌がうまく歌えないやつが売れるための逃げ道だ」

なんて考えてしまっていたらしいのです。

だから、ものまねタレントである父親の事は嫌いでした。

 

しかし、ふとしたきっかけで父親のものまねライブの舞台袖に立った事があり、

そこでの父親の懸命な姿に感動し、自身のものまねに対する考えを改めることになりました。

 

それから、ものまねタレントとして活動することを決め、

その歌唱力の高さも相まって、一気に話題になり有名人へとなりました。

 

実力があっても性格に問題あり!?

 

ものまねの実力が認められ、テレビ出演の依頼が増えてきた中、

青木さんはこう考えていたそうです。

 

「やっぱり俺は出来る奴なんだ。周りの人はレベルの低いやつばっかりだな。」

と。

 

実力があるがゆえ、そのせいで高慢な態度をとるようになっていったらしいのです。

 

出演番組のスタッフや共演者の人に挨拶を全くしなかったり、

大物歌手である研ナオコさんの歌のご指導にも適当に取り組んでいたり。

 

そうした態度をとるようになってから、出演依頼は激減。

ものまねではなく歌手として本格デビューを果たすも、

全然と言っていいほどCDは売れなかったそうです。

 

そうして

「実力はあるはずなのにどうして売れないんだ。」

としばらく悩んでいましたが、ものまねタレントであるコロッケさんが現れ、

「実力があっても挨拶やお礼が言えない様な人間は相手にされないよ。」

と言われ、自身が周りに対してひどい対応をとっていた事に気付き反省したとか。

 

それからはコロッケさんを尊敬するようになり、

また自身の周りに対する対応を謙虚にしていったそうです。

周りの人達への感謝の気持ちを忘れない、と

心に決めたのだとか。

 

青木隆治は本当に性格が悪いのか?

 

こういったエピソードを見てみると、

確かに青木さんは性格が良いとは言えなさそうです。

 

が、自身の行動を振り返ったり、

周りの人の姿を見て、自分の悪いと思うところを反省して直そうとしているので

一概に性格が悪い人だとは個人的には思わないですね。

 

反省した事を活かして、周りの人達の感謝の気持ちを表せてきているからか、

最近ではテレビ出演も少しずつ増えてきているように思います。

 

実力は確実にある人だと思うので、これからも謙虚に頑張っていってほしいですね!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

1件のトラックバック

  • 2015年2月3日 12:41 PM

    […] 青木隆治の性格が悪すぎる!? – 最新版!話題のニュースを最速でお届け! メディアで取り上げられたり、ネットで話題になった芸能ニュースなどを取り上げたサイト。 メインメニュー. トップページ · 当サイトについて · 思わず笑ってしまう動画集 · サイト記事一覧 · お問い合わせ …. こちらで芸能人名などで検索できます↓ …(続きを読む) […]

コメントを残す