関根麻里がKと結婚!会話は何語で?英語力はどのくらい?

個人的に最近の二世タレントの中で最も成功したと思う関根麻里さん

関根麻里

ご存知関根勤さんの愛娘なわけですが、お父さんのイメージを引きずることなく

いつでも笑顔の愛されキャラでお茶の間の人気を博してきた感じですよね。

つい先日、韓国人歌手のKさんとの5年愛を実らせて入籍したことも大きな話題になりましたが、

K

1番気になったのはKさんとの結婚生活で、

普段何語で会話をしているのだろう?!ということです。

英語が堪能なことで有名な関根さんですが、その実力はどれほどなのでしょうか?

発音がネイティブ並っていうのは本当なのでしょうか??

気になることをまとめて調べてみました。

まずは、関根さんのプロフィールからご覧ください♪

 

「プロフィール」

 

本名 関根麻里(セキネ マリ)

生年月日 1984年10月22日

出身地 東京都港区

活動歴 2006年~

事務所 浅井企画

 

身長154センチ、靴のサイズは21.5センチと結構小柄なんですねー。

習い事はかなりされていたようで、空手、ピアノ、書道、コーラス、

ジャズダンス、陶芸、テニス、器械体操、新体操などなどを習っていたのだとか。

 

ただ、すごいなって思うのがどの習い事も4、5年以上続いていたということです。

興味が沸いてやってみたけど飽きたから次の習い事!ってわけではなくて、

どれも形になるまでは続けたということになるから、

そういうところからも関根さんの真面目そうな性格が窺えるなぁと思いました。

 

「Kさんとは何語で会話しているの?」

 

韓国語、日本語、それに加え共通語であろう英語とバリエーション豊かで

普段の会話が気になるところですが、Kさんは日本語が上達したくて

日本語ばかりを使用していた余りに韓国語を忘れてきたというエピソードが。

 

母国語を忘れるなんてそんなバカな?!と思ってしまいますが、

Kさんは素直な人柄なのでしょうか??

順応性が高いがために韓国語を忘れていってしまったとか・・・??

 

ちょっと謎を残しつつですが、そこまで熱心に日本語を勉強するKさんなので、

恐らく2人の間の会話は日本語なのではないかと思われます。

関根さんが難しい日本語の言い回しを教えたり、

なんてこともあるのかもしれないですよね^^

 

あとは、想像していいな!と思ったのが、周りに人がいたりして会話が筒抜け!

なんて状況の時に、英語で会話をすれば盗み聞きされにくいっていうことですよね(笑)

有名人同士ゆえに何話してるんだろう?

なんて聞き耳立てられちゃうこともあるかもですが、

英語で切り抜ければ嫌味もなく逆になんか絵になるなぁと思ったので、

国際カップルの2人ならではの秘策かも!って思いました。

 

「関根さんの英語の実力は?発音はネイティブ並って本当?!」

 

インターナショナルスクール出身でアメリカの大学を首席で卒業しているというから、

それだけで相当な語学力なんだろうなぁと想像がつくわけなのですが、

ただの首席というだけではなく、成績優秀ということで通常よりも1年短い

3年間の学生生活での卒業だったというから驚きですよね。

 

よく日本の大学は入るのが困難、卒業は簡単などと言われていますが、

海外の大学はその逆だと言うのでその語学力は想像以上のものだと言ってもいいと思います。

ちょっと英語が話せるタレントさんなんていうレベルではないでしょうね。

 

そんな関根さんの発音は英語を使い慣れているネイティブに近い自然なものですが、

ここにも関根さんの性格を表すようなエピソードがありました。

 

何かというと、関根さんの発音は英語の教材に出てくるような、

基本に忠実なキレイな英語の発音らしいのです。

英語を話し慣れている人にありがちな崩したような話し方などをしていないので、

これから英語を身に着けたいと思っている人がいたら

関根さんの話す英語を参考にするのが理想とまで言われているそうです。

 

テレビなどを見ていても日本語もキレイにハキハキ話しているのが印象的ですものね。

話す相手に分かりやすく正確に伝えたい、という

関根さんの真面目で優しい性格が伝わってくるような気がします!!

 

二世タレントなんて看板がなくても、このスペックだけで充分芸能界でも

重宝される人なんだろうなぁ、と今回調べてみて分かりました。

更に英語だけでなくスペイン語も同様に堪能だというからもう恐れ入るばかりです^^;

きっと相当な努力家さんなんだろうなと思います。

 

いかがだったでしょうか?

これで関根さんに関する記事は以上になります。
最後まで読んでくださってありがとうございました!!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す