西川史子は対談をするほど大の宝塚好き!!離婚の原因も宝塚にあった!?

テレビに出はじめた頃は、苦手だった医者タレントの西川史子先生。

西川史子

ホントに高飛車で、なんて女なんだ!!

って本気で思ってました(笑

 

でも、最近の西川先生は、個人的にはキライになれないんですよね~。

なかなかカワイイところを見つけちゃったので(笑

 

それは、とっても宝塚が大好きだというところです!

対談までしちゃうんですから、もう心は乙女ですね!

 

そんな西川先生。ホントに医者なのか?

と疑っている人もいるかもしれませんが、本物のお医者様です。

当たり前ですけど。

 

1971年4月生まれで、聖マリアンナ医科大学卒業を卒業しています。

今も医師としての仕事もしていて、西川先生のお父様が開業している病院や、

美容形成や美容整形をしている、松倉クリニックでも勤務してるようです。

掛け持ちということは、常勤ではないんでしょうね~。

まぁ、タレント業もありますしね。

 

感じが悪く、男を見下しているようなキャラだった西川先生ですが、

宝塚がホントに大好きみたいです!

 

宝塚といえば、少女マンガよりも濃い、ロマンティックいっぱいの世界ですから、

西川先生は普通の女子中学生より乙女なのかもしれません(笑

 

何度も同じ公演を見に行ったり、オフの日には1日中宝塚漬けになったり、

胸がキュンとなるセリフを聞くと、幸せ感が襲ってきて、1ヶ月は幸せを満喫できるらしいです。

これ、全て本人が言っていることです。相当ですねぇ。

 

西川先生といえば、最近は離婚で話題になりましたけど、

夫がいない間も宝塚は寂しさを埋めてくれていたみたいですね~。

 

しかし、ある油断が、離婚の決め手となったんじゃ?

とも言われていて、それは、当時の夫に送った宝塚の娘役風のメールでした。

メールの内容自体は、何も問題なく、夫の心にも届いたようなのですが、

それに安心したのか、西川先生が、そのメールを送るまでの裏話を、

どこかの雑誌の連載で書いちゃったんですって!

 

ちょっと考えれば、わかりそうなものなんですけどねぇ。何やってんですか。先生!(笑

夫の立場としては、いい加減にしろ!って気持ちだったでしょうに。

 

西川先生をキライな人は、「ああ、やっぱり人の気持ちを考えられない人なんだ」と、

思うかもしれませんが、ただ自分としては、

天然で抜けてる(頭が悪いという意味ではなく)だけのような気がします。

 

正直、先生のこと、キライな人はかなり多いようです。

ネットでも名前が出れば、叩かれていることの方が多いですからね。

 

でも中には、あれはテレビ用のキャラで、

ホントの性格は、気遣いのできる控えめな人だという話もあります。

 

キライな人が多いというのは、それだけ、好きだと思う人も多いということです。

それに、誰にでも好かれようとするような人よりは全然マシだと自分は思うんですけどね!(笑

 

 

 

 

西川さんの宝塚についての記事は以上です。

読んでいただきありがとうございました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す