船越英一郎はジョジョファンから尊敬される人だった!アニメが大好き!?

日本一、崖の上が似合う男。

ご存知サスペンスドラマの帝王の船越英一郎さんですが、

船越英一郎

実は相当なアニメ好きの「アニオタ」という情報をキャッチしました。

あの渋さからは余り想像がつかないのですが、

その真相について迫っていきたいと思います!!

まずは船越さんのプロフィールからご覧ください。

 

「プロフィール」

 

本名 船越 栄一郎(フナコシ エイイチロウ)

生年月日 1960年7月21日

出身地 神奈川県足柄下郡湯河原町

学歴 日本大学芸術学部映画学科卒業

活動ジャンル 俳優 司会者

事務所 ホリプロ

活動歴 1982年~

 

お父さんは湯河原町で旅館を経営していたそうですが

跡継ぎを拒み役者の道を選んだそうです。

湯河原といったら温泉街ですもんね!!

 

船越さんというと2時間ドラマが浮かびますが、

在京民放5局の2時間ドラマ全てに主演作品がある唯一の俳優なのだとか。

さすがです。

 

「アニメ好きって本当?」

 

アニメ専門チャンネル、アニマックスの開局15周年記念番組の収録に

船越さんは参加したのですが、その感想を聞かれたときに

なぜかアニメ熱を語りだしたそうです(笑)

 

黎明期のアニメが好きみたいで、手塚アニメなどに寄せる想いは相当熱いみたいですね。

カラー初の長編アニメシリーズになる

『ジャングル大帝』のオープニングの素晴らしさについて、

収録の感想はそっちのけで熱弁!!

ジャングル大帝

 

昔のアニメのDVDボックスが発売されるとついつい買ってしまうのだとか。

このエピソードだけだと、好きな番組のDVD買うのってよくある話、

と思うかもですが、船越さんは結構なコレクターのようなんです。

リアルタイムで見ていたアニメは特別な思いがあるみたいで、

いつまで経ってもその思いは褪せないようです。

 

なんでも、家の地下には専用のコレクタールームまであるそうで、

そこには昔のアニメ・特撮のLDやDVD-BOXが

ぎっしり置かれているなんていう話も見つけました!!

 

奥様の松居一代さんに怒られてしまうくらいだそうです(笑)

今年の夏には、船越さんのアニメ好きが垣間見れる番組がありました。

「クイズ!それマジ!?ニッポン×ONE PIECE(ワンピース)

~世界が認めたニッポンのスゴいアニメSP~」

に、出演した際に、並々ならぬアニメ知識を披露して

「すごすぎる!!」と共演者陣たちから言わしめました。

一緒に出演していた林修先生も船越さんには完敗だったとか。。

 

そんな船越さん、2006年にドラえもんの映画の声優にもチャレンジしているのですが、

アニメ好きだけあってめちゃくちゃ上手だったようですよ^^

これからももっといろんなアニメの声優などに挑戦していってほしいです。

 

「ジョジョの奇妙な大冒険との関係って?」

 

熱烈なファンがいることでも有名な荒木飛呂彦さんによる漫画

「ジョジョの奇妙な冒険」(通称:ジョジョ)ですが、

ジョジョの奇妙な冒険

船越さんもジョジョのファンなのだとか。

 

シリーズ累計発行部数は9,000万部以上とも言われていて、

その影響力も大きいのですが、そんな作者と船越さんは

同い年ということもあってか深く語り合える間柄なのだとか?!

荒木先生に「100の質問」を船越さんはCS放送フジテレビ721内の番組で

行っているのですが、そこでの質問は絶妙だったようで、

ジョジョファンを唸らせるような新事実や裏話などを

巧みに荒木先生から引き出したそうです。

 

6部の最終回時にスティールボールランが7部であることを明言させたということが

大きな話題にもなっていて、ネットでは

「船越英一郎の功績を忘れてはいけない」などとまで書かれていました(笑)

 

この荒木先生へのインタビューが行われた番組は

他にもいろんな漫画家さんに船越さんがインタビューを行う形式で作られていて、

そこでの船越さんは仕事というよりも心から楽しんでいるといった感じで

個人的に色紙を書いてもらったりなんて姿も見られたり、

また何よりアニメや漫画をリスペクトする姿勢が伝ってくるのが好評だったようなのですが、

残念ながら1シーズンで番組終了となってしまったそうなのです・・・。

 

最近世界などにも日本のアニメ文化が広まって見直されていますし、

こういった企画がまた復活してくれたらいいですよね!!

船越さんのインタビュー聞いてみたいです^^

 

では、これで船越さんに関する記事は以上になります。

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

1件のトラックバック

コメントを残す