舘ひろしが禁煙に失敗しなかった理由!

舘ひろし

22日に舘ひろしさん主演のドラマ「なるようになるさ。」のシーズン2が始まります。

初回は2時間SP!

浅野温子さんとの共演のホームドラマ、見逃せないですね!

 

 

 

史上最強のダンディと呼ばれるほどの舘ひろしさん。

雰囲気からしてもとても64歳とは思えない人ですよね(笑

 

 

 

そんな舘ひろしさんですが、彼は40年もの間

悩み続けた禁煙を2012年に成功させています。

 

1日に70~80本は吸っていたという超ド級のヘビースモーカーでしたが

ある時を境にピッタリとやめる事が出来たようなのです。

 

 

それまでは過去に何度も禁煙を試みて失敗してきたようですが

一体どうして舘さんは禁煙を成功させる事が出来たのでしょうか。

 

 

 

 

実は実家はとんでもないお金持ち!?

 

さて、舘ひろしさんといえば愛知県名古屋市の新栄出身の方ですが

なんと、ご実家は医者の一族なんです!!

 

父親が内科医のようで開業医をしていました。

今は弟が受け継いで医者をやっているそうです。

 

それどころか、先祖代々から受け継いでいる医院を経営しているそうで

明治時代に先祖が開業していたと言われています。

 

 

実は舘さんご本人も学生時代は医者を目指していたそうなんですね~

 

 

若いころは運動が苦手で、周りからも馬鹿にされるほどでしたが

高校時代はラグビー部に所属。

2年生の時には主将を務めるほどにまでなっていたそうです。

 

 

 

そんな頑張り屋である舘さんはもちろん医学部志望だったのですが

受験に失敗し、医者の道をあきらめ工業大学へと進学することになります。

 

 

しかし、その失敗体験のせいもあってか

大学の厳しさについていけなくなり、寮から夜逃げをしたという逸話も持っています。

 

 

そんな中、芸能界へとスカウトされ、大学在学中にデビューすることに。

 

 

 

やはり大物は一味違う!

 

舘さんの祖父は英国が大好きのようで、

舘家にはミルクティーを飲む「ティータイム」があったようです。

 

優雅なひと時を過ごすのが日常となっていたようで、

舘さんのあの落ち着いたたたずまいは

こういった所から来ているのかもしれませんね。

 

 

 

しかし、そんなマイペース(?)な舘さん

なんと、番組の撮影現場では、どんな時でもバスローブ一枚だけを着用し

パンツもはかずノーパンで現場に来られるようなのです!(笑

 

 

舘さん曰く

「朝、お風呂に入ってそのままバスローブを着て現場入りする。」

らしく、

 

現場に行ったら結局衣装に着替えたりしないといけないからめんどくさいし、

風呂に入ってから来るのでそのまま来ればいいじゃん、

という考えなのだそうです(笑

 

パンツはいつもポケットに忍び込ませてあるのだとか(笑

 

 

どんだけダンディなんだww

 

 

 

 

さらには、

 

なんと今までコンビニで買い物もした事がないそうなのです!

 

 

コンビニに入った事はあるらしいですが

「温かいお弁当は今までに食べた事がない。」

とも話していて、その場にいた人全員を驚かせたようです。

 

 

 

舘さんのような大物芸能人はスケジュールがタイトで忙しいのにもかかわらず

その合間にささっと食べる事の出来るコンビニ弁当を食べた事がないとは・・・

 

 

育ちが良いせいなのか、一般市民の人の想像をはるかに超えた生活ですよね。

 

 

 

(どうでもいいですが、僕の学校は学食がなかったせいで

昼はコンビニ弁当を買って食べろと学校から言われていましたww)

 

 

 

 

「 喫煙は恥ずかしい事だった」

 

 

舘ひろしさんは先ほど言ったように

40年間もの間喫煙を続けた愛煙家の一人です。

 

1日70~80本なので

4箱ほど毎日消費していた事になります。

お金にしたら毎月数万円は飛んで行ってますね

 

 

 

そのせいもあって、喫煙を何度となく決意してきましたが

そのたびに失敗。

 

 

 

ひどい時には、

喫煙を決意して7時間後には

無意識にタバコを吸ってしまっていたというほど(笑

 

 

もはやルーティンワークの一部と化していますね(笑

 

 

 

 

にも関わらず、ある時

たったの3ヶ月で禁煙を成功させたのです。

舘ひろし禁煙

 

 

 

 

 

 

 

そのきっかけとは、禁煙啓発のためのCM出演だったそうです。

 

 

禁煙を呼びかけるとともに

舘さん自身も禁煙をしようと決意。

 

 

 

 

そこで、今まで失敗してきた禁煙方法とは違った

新しい方法「外来禁煙」に挑戦したのです。

 

 

外来禁煙とは、医者のもとへ通院して

医者と一緒に禁煙の努力をしていくものだそうです。

こちらが舘さんが外来禁煙を始めた時の映像。

 

この受診場面はCMとして起用され

全5回となる映像を全国で放送していたようです。

 

 

外来禁煙という、わざわざ病院や診療所に行ってまで

禁煙をする事はないだろう、とほとんどの人は言いますが

 

実際に駄目もとで通った方の話を聞くところによると

驚くほど禁煙効果が得られるようなのです。

 

最初はわざわざ行くのはどうか・・・

と思っていた方も

通ってみて良かった!

という声を多く話すのだそう。

 

 

 

舘さんもその例に漏れることなく禁煙を成功させたようです。

 

こちらが3ヶ月後の受診場面CM。

 

 

舘さんの表情の変化がよく分かりますね。

 

 

 

 

舘さんが今まで禁煙に失敗していた理由は

根性や気合いで何とかするものだという考えのもとで

禁煙をしていたからだという事を本人がおっしゃっていました。

 

 

大事なのは、喫煙者はニコチン依存症という

一種の病気のようなものにかかっている事を自覚して

しっかりと治療していこうとする事。

 

という話です。

 

 

禁煙は60歳を過ぎた人でも全然遅くないらしいです。

やめるなら今、といったところでしょうか(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、今回の禁煙に当たって舘さんは

 

「舘ひろしさんの肺年齢は95歳です。」

 

との宣告を受けたらしいです(笑

 

 

 

あまりのひどい結果に看護師の方も再検査を実施したようですが

結果は変わらず(笑

 

 

 

40年もの間喫煙してきた負の遺産は簡単には取れないですねと

舘さんはがっくりしていたようです(笑

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す