神田沙也加の「アナと雪の女王」の抜擢は努力の賜物!母との関係は?

デイズニ―映画「アナと雪の女王」で日本語吹きかえ盤のアナ役を担当している

神田沙也加さんですが、とてもブレイクしていますね。

神田沙也加

少し気になったので調べてみました。

 

神田沙也加さんのプロフィール

 

本名 神田沙也加(かんださやか)

生年月日 1986年10月1日生まれ(現在27歳)

事務所 ファンスティック

 

神田沙也加さんはご存じのとおり、松田聖子さんと神田正輝さんの娘さんです。

ファンスティックという事務所は、母の松田聖子さんの家族で立ち上げた事務所ですが、

松田聖子さんは3月に元マネージャーとこの事務所を抜けて

新しい事務所を設立したそうです。

娘の神田沙也加さんは元マネージャーと母の関係にも疑惑をもっているようで、

新しい事務所に誘われましたが、このファンスティックという事務所に残ることを決め、

母に呆れているようです。

本当に今までも母の男性遍歴に驚かされ、悲しまされてきた神田沙也加さんですが、

その時は本当に母の行動には愛想をつかしたというコメントを残しています。

 

さて、「アナと雪の女王」ですが、すっかり、アナ雪ブームになっていますね。

そして、神田沙也加さんのアナ役の歌が上手いと大評判です。

それは偉大なる母、松田聖子さんの娘だから歌唱力は母に似たのでしょう。

芸能界に入ったのは15歳の時ですが、音楽活動をしていても母のようなヒット曲もなく、

高校を卒業と同時に1年半芸能活動を休止、

再開してからは舞台を中心に活躍されています。

 

「赤毛のアン」のアン・シャーリー役やミュージカル「ひめゆり」の主演・キミ役など

数多くの舞台での活躍、そして、女優業と並行して

声優の専門学校にも通っていたそうです。

 

今回の「アナと雪の女王」の抜擢は今までの舞台での経験や彼女の歌唱力、

実力をつけるための努力が実を結んだのだと思います。

 

2世タレントですが、決して親の七光りなんかではなく、

実力派女優として今後も舞台で活躍されることと思います。

ただ、今までみまもってきた母はこの「アナと雪の女王」の活躍は

複雑な気持ちでみているのではないでしょうか?

 

 

では、神田沙也加さんについての記事は以上です。

読んでくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す