眞鍋かをりの住所は検索してはいけない言葉!?するとどうなるの?

元祖ブログの女王といわれている眞鍋かをりさんですが、

インターネット上の検索してはいけない言葉に名前が載っていたんです!

TOP

なぜ検索してはいけないのか、気になったので調べてみました。

 

「プロフィール」

 

本名 眞鍋 かをり(マナベ カヲリ)

生年月日 1980年5月31日

出身 愛媛県

 

どうやら眞鍋さんってファザコンらしいですね。

彼氏ができると、必ず父親に紹介するそうです。

親としては安心ですが、彼氏的には緊張しますよねー(笑)

昔、お付き合いしていたお笑い芸人の麒麟の川島さんとか、

元ザ・イエローモンキー(イエモン)の吉井さんも、お父さんに紹介したんでしょうかね??

 

画像1

左:麒麟の川島さん 右:元イエモンの吉井さん

 

 

「検索してはいけない言葉ってどんなの?」

 

人ってやっちゃダメって言われると、やってみたくなるもんですが、

検索してはいけない言葉は、よっぽど精神力がある人や変わった趣味(?)の人以外は

やらない方が良さそうです。

 

なぜなら、気持ち悪い、猟奇的な画像や動画がヒットするんですよ!

中には人によっては平気なものもありますが、

わざわざイヤな気持ちになるかもしれないものを見ることはないんじゃないかと思います。

 

以下に検索してはいけないものを少しだけ紹介しておきますが、

検索は自己責任でお願いします!

 

「カース・マルツゥ」

→ウジが沸いたチーズ

もうね、見る必要がどこにあるのか!?という感じですね(汗)

 

「食卓のお肉ができるまで」

→屠殺されるまでの流れ

これは、知る必要があるのかもしれないですが、

見たあとにお肉が食べられなくなりそうですね・・・。

 

「アケビコノハ」

→蛾の幼虫

虫系は個人的に無理です!!

 

「POSO」

→戦争の動画です。悲惨な状態がたくさんでてきます。

かなり見るのは厳しい動画のようです。

しかし、実際に起こっていることです。

 

などなど、めちゃくちゃいっぱいあるんですが、

中には見ると呪われるとか不幸が起きるとか言われているものもあって、

リアルに怖いんですけど!とか思っちゃいました。

「体験した検索してはいけない言葉?」

 

眞鍋さんのことを書く前に、わたしが実際に体験したショックだった検索をお話します。

実際は検索したわけではなく、

ニュースサイトの記事を読みまくってた時に発見したんですが、

「クロコダイル 薬」

というのは、絶対に検索しないでください!

 

クロコダイルとは新しい合成麻薬の名前なんですが、

名前の由来は副作用としてワニのような皮膚になるところからきているそうです。

そして、そのサイトには勇気のある人だけ見てくださいとの注意書きと一緒に、

動画のリンクが貼ってありました。

 

まぁたいしたことないだろーと思って、

わたしは動画を見たんですが、初っ端から後悔したんです(汗)

 

クロコダイルの副作用は皮膚がワニのようになるだけではなく、

だんだんと壊死していくんですよ!

動画は皮膚が壊死した患者(病院の動画でした)の治療の様子などだったんですが、

かなりショックな動画でした。

「眞鍋かをりの住所って?」

 

「眞鍋かをり 住所」で検索をかけても、

当たり前ですが眞鍋さんの自宅はわかりません(笑)

現在は削除されているようですが、

怖い系の画像と音で、ウィルスにも感染するらしいです!!

 

バージョンがいろいろあって、

グロ系の男性の画像と叫び声とか、血まみれの女性の顔に不快な音とかもあったようですね。

 

今はないと言っても、誰かがまた面白半分で仕込む可能性はあるので、

検索しないほうがいいと思います。

精神的なダメージだけでなく、パソコンがウィルスに感染したら悲惨ですよ!

 

そのほかにも、ウィルスに感染してしまうと言われているものもあるので、

もしどうしても見たいときには、下調べをしてから見るようにしてくださいね!

 

では、眞鍋かをりの住所を検索してはいけないの記事は以上です。

読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す