生瀬勝久にカツラ疑惑!?愛用のメガネって?

メガネを着用しているイメージが強い俳優の生瀬勝久さん。

生瀬勝久

どんな役を演じてもその役にぴたっとハマって演じているところが

さすがベテラン俳優さんだなぁ、と思うのですが、そんな生瀬さん、

トレードマークのメガネには並々ならぬこだわりがあるようなのです。

かけるメガネも役柄ごとに変えているそうで、メガネ好きの方たちからは

次に生瀬さんがどんなメガネをかけるのかいつも注目されているのだとか!!

知りませんでしたー。。。

それは、すごいこだわりようですよね(°д°)

生瀬さんが着用してきたメガネや、メガネへのこだわりを調べてみました!!

そして余計なお世話ながら、生瀬さんのカツラ着用疑惑についても

気になったので一緒に調べてまとめてみました☆

まずは、生瀬さんのプロフィールからご覧ください!!

 

「プロフィール」

 

本名 生瀬勝久(ナマセ カツヒサ)

生年月日 1960年10月13日

出生地 兵庫県西宮市

身長 178センチ

活動歴 1979年~

事務所 リコモーション

 

兵庫県出身ということで、共通語と関西弁を使い分けているそうです。

趣味は釣りと掃除機集め!

掃除機マニアなのだそうです。

珍しいですよね。

10台以上の掃除機を所有しているそうですよ^^

ツインターボ式がおすすめなのだとか(笑)

 

「生瀬さんのメガネ歴、またメガネへのこだわりは?」

 

最近の出演作でいうと、「花咲舞が黙っていない」に出演した際は、

spec espace(スペックエスパス)の「ES-6073」を着用していたそうです。

specespace ES-6073 メガネ

メタルフレームがいかにも仕事が出来そう!!という感じがしますし、

ビジネス向けのデザインな気がします。

 

また、生瀬さんが出演すると、ネットなどに

「今のメガネどこのブランドのですか?」

などと質問も多く寄せられていますね。

すごい影響力です。

 

よく表彰されているメガネドレッサー賞とかってオシャレメガネだったりして、

余り日用向けでないイメージが個人的にはあるのですが、

生瀬さんの場合は役に溶け込むために正に「日用向け」のものを選んで

着用しているわけだから参考になるのかもしれませんね!!

 

もう1つ紹介すると、「リーガル・ハイ」では、

JAPONISMのJN-534col3のメガネを着用していました。

JAPONISM JN-534col3 メガネ

ジャポニズムという名前だけあって、進化し続ける独自の造形などを

日本美術に由来して追及しているようですね。

実用性はもちろんのこと、遊び心も忘れない粋なメガネをセレクトしています。

 

そんな生瀬さんのメガネへのこだわりですが、プライベートでは

田中眼鏡本舗のオーダーメイドを愛用しているそうなのです。

服以上にメガネにはこだわりを持っていると生瀬さん本人が語るだけあって、

毎月1本オーダーメイドをしているのだとか。

1年で12本?!

最早コレクターレベルな気もします(笑)

 

そのオーダーメイドは一切希望を出さないお任せでの注文らしくて、

生瀬さんはそれを「福袋」と呼びどんなメガネが届くかを楽しみにしているらしいです。

それってよほどの信頼関係があるからこそできるお任せですよね!!

ただ、頼まれる側は楽しそうだけどちょっとプレッシャーかも(笑)

 

これから生瀬さんをテレビで見かけたらメガネに注目してみてみよう、と思いました♪

 

「カツラ着用の噂の真相は?!」

 

生瀬さんって髪の心配することがない気がするけど・・・と思ったら、

着用したのは役の上でのことのようです。

 

「警部補 矢部謙三」にて、ちょうど撮影時期が舞台と重なったため、

途中で髪型を変えないといけなくなり、何かいい手はないかと考えたところ

「カツラ着用」が案として出てきたのです。

 

そこから、誰が見てもわかるバレバレなカツラなのに

本人はバレないように必死に隠しているという、

カツラ着用を笑いに変えるシーンが生み出されていったのだとか。

さすが生瀬さんですよね(笑)

 

お芝居がとにかく好きだと語る生瀬さんなので、

いろんなキャラになりきっていくのが楽しくて仕方がないようなのです。

初めに役柄のイメージを固めすぎずに、動いて行って

感覚を掴んでいくのが生瀬さん流なのだとか。

 

今回のカツラ着用も、はじめは意図せずに生まれた設定だったようですが、

着用してみて前述のキャラが生まれていったんですね^^

生きたお芝居をしているんですね!!

 

いかがだったでしょうか?

これで生瀬さんに関する記事は以上になります。

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す