松浦亜弥が妊娠へ!病気の症状が治まった?橘慶太とのなれそめは?

最後の正統派アイドルとも言われる松浦亜弥(あやや)さんですが、

松浦亜弥

この度、第一子の妊娠という嬉しい報告がありました!

しかし、松浦さんは2011年に子宮内膜症という病気であることを

カミングアウトしていますが、妊娠できたということは症状が治まったのでしょうか?

気になったので調べてみました。

 

 

「プロフィール」

 

本名 橘 亜弥(タチバナ アヤ)

旧姓 松浦 亜弥(マツウラ アヤ)

生年月日 1986年6月25日

出身 兵庫県

配偶者 橘 慶太(タチバナ ケイタ)

 

夫である慶太さんが、w-inds.(ウィンズ)のメンバーなのは知ってる方も多いと思います。

 

橘 慶太

 

小さい頃から歌手になりたいと思っていた松浦さんとは、

デビューが同じ2000年で、同期になります。

 

「あややの病気、子宮内膜症って何?」

 

松浦さんが子宮内膜症であることを公表したのは2011年ですが、

診断を受けたのは2006年だったそうです。

わたしの想像ですが、きっと自分の体を騙しながら

仕事を続けていたんじゃないかと思います。

 

なぜかと言うと、子宮内膜症というのは完治が難しい病気で、

治療方法である薬物治療、手術のどちらを行ったとしても再発する危険があります!

多分、松浦さんはホルモン剤などを服用しながら、

症状が緩和されるのを待っていたんじゃないかと思います。

 

手術になれば、いくら簡単なものだったとしても、

仕事を休まなければいけなくなりますし、婦人科系の病気ですから、

あまり公表もしたくなかったんじゃないですかねー。

 

月経痛が寝込むほどになったり、経血がとんでもない量になる病気ですが、

本腰を入れて病気を治さなければいけないと思ったのは、

慶太さんとの結婚や妊娠の問題も視野に入れたからではないか?

と思っています。

子宮内膜症は不妊のリスクも高くなりますからね。

「なぜ妊娠できたの?」

 

子宮内膜症だからといって、必ず不妊になるわけではありませんので、

妊娠することは可能です。

しかし、症状が酷い場合には軽くする必要が出てきますので、

松浦さんの場合、休業することで生活習慣の改善や治療法の変更などを

行ったのではないか?と思っています。

 

そのおかげで妊娠することができたんだと思いますよ!

子宮内膜症は20代~30代の女性に発症する確率がもっとも高い病気です。

なので、少しでもおかしいと感じたらすぐにでも、病院に行くことが大切です!

松浦さんもそれは言ってましたね。

 

また、妊娠出産を経験することで症状が軽くなったり完治したりすることが多いそうで、

松浦さんも今回の妊娠で症状が軽くなる可能性が高いです!

「病気を支えた?橘慶太とのなれそめ」

 

デビューが同じ年の2人ですが、デビュー後すぐにお付き合いを開始したそうです。

何度か写真週刊誌にスクープされていますが、

交際宣言はなく、お互いに完全否定を貫いていましたね!

 

これは、松浦さんがハロプロに所属していて、

恋愛が禁止されていたことが背景にあるようですが、

アイドルという職業にプライドを持っていた松浦さんですから、

ファンの夢を壊さないようにという気持ちもあったのかもしれません。

 

破局説が出たこともあるので、結婚発表をしたときには

「まだ、付き合ってたんだ!」

と、驚いた人も多いですよねー。

周囲に隠しながら、12年間付き合い続けるというのは、

並大抵の愛情じゃ無理じゃないかと思います。

これだけ長い期間だと、色んな意味で良い時も悪い時もあったでしょうしね。

 

また、慶太さんは松浦さんが病気と闘っているのを懸命に支えたとも言われています。

松浦さんは彼の大きな愛情を再確認したんじゃないでしょうか!

 

「私の青春には全て彼がいます」

当時、結婚発表をした松浦さんのコメントです。

こんなことを言えるのがすごくステキで、羨ましいですね!!

 

これからは、新しい家族も増え、ますます楽しく、大変になると思いますが、

いつまでも仲の良い夫婦・家庭でいてください!

本当に、この度はおめでとうございます!!

 

それでは、松浦亜弥さんの妊娠と病気の症状、
橘慶太さんとのなれそめについての記事は以上です。

読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す