加瀬亮と浅野忠信との意外な関係性とは!?どうやってデビューしたのか!?

サントリーウイスキー角瓶のCMで井川遥のお店で角ハイボールを飲んでいる

加瀬亮さんが話題になっています。

加瀬亮

 

気になったので調べてみました。

 

まず、加瀬亮さんを知らない方のために簡単な紹介を。

 

プロフィール

本名 加瀬亮(かせりょう)

生年月日 1974年11月9日生まれ

出身地 神奈川県横浜市

父は双日会長(双日とは日商岩井とニチメンという商社が合併してできた会社)

 

父親が会長と言うだけあって、実はなかなか育ちが良いみたいですね。

そういえばどことなく品があるような・・・(笑

 

ただ、大学の時、役者になりたいと話したら父に大反対されて喧嘩になり家を出たそうです。

それからは家からの援助はなく、貧乏な役者生活を送っていたとか。

 

 

加瀬亮はどうやって芸能界に入ったのか?

 

加瀬亮さんは、浅野忠信さんに憧れて自分から手紙を書き、

付き人をさせてもらっていたそうです。

なんとなく、つかみどころのないところがふたりとも似ているような気がします。

浅野忠信浅野忠信さん

 

その後、役者になったのですが、浅野忠信さんがよくごちそうしてくれたり、おこづかいをくれたりしたそうです。

そして、浅野忠信さんについて1年間で学んだことですが、

彼は個性的すぎて学ぶものはなにもない、自分で考えるしかないという結論に達したそうです(笑

 

父の仕事の都合で、生まれて7歳までアメリカに住んでいた関係で英語が堪能です。

北野たけしさん監督の映画「アウトレージ」で流暢な英語を披露しています。

また、「硫黄島からの手紙」でも英語を披露したそうですよ。

 

加瀬亮は役のたびに役になりきり、いろんな一面を持っています。

最近では、「続、最後から2番目の恋」で小泉今日子さんの元彼役で出ていましたが、

なんとも頼りない、母性本能をくすぐるようなダメ男を演じていましたが、

周防監督の「それでも僕はやっていない」ではとてもまじめな青年を演じ、

先ほど紹介した北野たけし監督のアウトレージでは鋭い目つきのやくざを演じています。

とてもひとりの役者とは思えないほどカメレオンのように役柄によってころころと変わります。

それだけ、役の幅が広いということでしょうか?

 

 

では、加瀬亮さんについての記事は以上です。

読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す