中川翔子のプラセンタ献血が騒がれる理由は?薬害アリ!?

最近、いろいろと騒がれている中川翔子(しょこたん)さんですが、

中川翔子

今度は献血で話題になっています。

プラセンタっていうと美容のアレってイメージなんですが、

何でこんなに騒ぎになってるんでしょ??

気になったので、調べてみました。

「プロフィール」

 

本名 中川 しようこ(ナカガワ シヨウコ)

生年月日 1985年5月5日

出身 東京都

愛称 しょこたん

 

本名を見てビックリしてしまいました!

わたしのキーボードタイプミスではありません(笑)

なぜ名前が「しようこ」になってしまったかというと、

つけようと思っていた漢字が名前に使用できない字で、

出生届を代理で出しにいった伯母が、

受理されなかったことに怒りながら書いたため、

「よ」の字が大きい方で受理されたらしいです。

「美形家族!父親は有名人」

 

多分、有名な話なんでしょうけど、しょこたんのお父さんって芸能人だったんですね!

今日知りまして、またまたビックリです。

中川 勝彦(ナカガワ カツヒコ)さんという方なんですが、

音楽活動や俳優を主にされていたみたいですね。

 

中川勝彦

めちゃ美形ですね!!

 

母親の桂子さんは、いろいろとインパクトの強い人で、

しょこたんのブログに登場する時にはポーズをつけたり、

変顔したりしていますが、実はキレイな人でした!

 

140123_0937

左がお母さんの桂子さんです。変わった人なのかなーと思ってましたが、

普通にキレイな人ですよね!

 

残念ながら、父親の勝彦さんが活躍していたのをリアルタイムでは知らないのですが、

1994年に白血病が原因で亡くなっています。

その時しょこたんは9歳だったので、当然記憶にもお父さんは残っていますよね。

ちなみに今年で20回忌だそうです。

 

「なんで騒がれてるの?」

 

ネットで騒がれるキッカケになったのは、一般人の女子大生が

捨て猫を4匹拾ってきたことがキッカケです。

拾った理由は、カラスに食べられそうだったからということでした。

しかし、実家住まいの為、親に反対されて、猫を

友達の家にあずかってもらいながら、里親を探していたんです。

 

頑張った結果、2匹は里親が見つかったのですが、

残り2匹がなかなか見つからず、譲渡会に出されることを確認してから、

保健所に持ち込んだそうです。

愛護団体にコンタクトを取るという選択もあったように思いますが、

わたしとしては、精一杯頑張ったように感じました。

 

しかし、しょこたんは、保健所に持ち込んだことが許せずに、

女子大生のツイートに批判的なツイートをした事で、

しょこたんのファンが暴走したようです。

騒いだファンが悪いんじゃ?とも思いますが、

騒ぎになるキッカケを作ったしょこたんが火消しをせずに放置したため、

女子大生はTwitterのアカウントを削除するまで追い込まれてしまいました。

 

と、最初の騒ぎは捨て猫だったんですが、しょこたんに腹を立てたネットの住人たちが、

彼女のブログを見て、言ってる事とやってる事が違う!

というような内容を、どんどん2ちゃんねるなどに掲載したため、大炎上になったようです。

 

「今回のプラセンタ献血って?ヤバイの?」

 

そして、今回また大きく騒がれているのが「プラセンタ献血」です。

これだけ聞いても何がダメなのかわかんないですよね!

 

ちょっと難しい話になるんですけど、

この中でも問題になってるのは、ヒト由来プラセンタ注射(点滴含む)です。

人間の胎盤が原料になっていて、ヒト由来プラセンタを注射、

点滴した人は、献血ができません。

 

理由は、安全性の確認がまだ不十分なことと、プラセンタを使用することで

ヤコブ病の発症リスクが高くなる可能性があるからです。

ヤコブ病は、神経細胞が破壊されていく病気で、

1年以内に寝たきりになることもある恐ろしい病気なんだそうです!

 

そして、今回しょこたんは、このヒト由来のプラセンタを点滴し、

その後に番組の企画で初めての献血を披露したんです。

 

中川翔子 プラセンタ献血

 

プラセンタを点滴したという記事をブログにアップしてあったんですが、

騒ぎ始めてからは、その記事は削除されています。

事務所は、本人がプラセンタとにんにく注射を勘違いしていたと言っていますが、

この件で厚生労働省が動き出したという話もあるので、

本当に間違えていたとしても、事務所のコメントだけでは

済まされない状況になってきてるんじゃないかと思います。

 

しょこたんは別に嫌いな芸能人ではありませんが、今回の件は、

もっと誠実に取り組まなきゃいけないんじゃないかと思います。

下手したら薬害ですからね(汗)

そして、自分で情報を発信するブログ、Twitterなどは、

有名人であることやたくさんの人が自分の記事を読んでいることを考えて、

過激な内容は控えたほうがいいんじゃないかなーと思うんですよね。

 

基本、悪いコじゃないと思うんですよ。

ただ、ちょっとだけ考えなしに感情で突っ走ってしまうところがあるのかな?

と思います。

永遠の少女のような人ですが、そろそろ大人にならなきゃいけない

時期がきてるのかもしれませんね。

 

それでは、中川翔子さんのプラセンタ献血が騒がれる理由と
薬害についての記事は以上です。

読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す