上地雄輔の野球の実力は世界レベルだった!?なぜやめてしまった?

最近はスポーツ万能な芸能人の方も増えてきて、

芸能人と スポーツ選手の対戦番組などで

意外な特技が知れたりすることも多いですよね!!

そんな中でも比較的プレーヤーが多いのでは、

と思われる野球を今回はクローズアップしたいと思います。

野球を特技とする芸能人の方もたくさんいますが、

中でも松坂大輔選手と高校時代にバッテリーを組んでいたことでも知られる上地雄輔さん

上地雄輔

松坂選手の相方を務めていたと聞くと、すごそう!!

という印象を受けますが、果たしてその実力、

野球の腕前は実際はどうなのでしょうか?

 

「プロフィール」

 

本名 上地雄輔(カミジ ユウスケ)

生年月日 1979年4月18日

出生地 神奈川県横須賀市

職業 俳優、 タレント、歌手

 

遊助の名義で歌手活動をしていることも有名な上地さん。

ちなみにお父様は横須賀市議会議員をされているそうです。

俳優を本業として活動している上地さんですが、

その名を一躍有名にしたのは、テレビ番組

『クイズ!ヘキサゴンII』

ではないでしょうか?

おバカキャラとして一躍ブレイクし、つるの剛士さん、野久保直樹さんと

「羞恥心」を結成し歌手デビューしたことが、

現在の歌手活動のきっかけでもあるそうなのです。

羞恥心

↑が羞恥心メンバーですね。

 

「上地さんの野球の実力は?」

 

そんな上地さんの気になる野球の実力なのですが、

小学校、中学校時代と全日本選抜メンバーとして世界大会に出場経験があるそうです。

全日本選抜に選ばれるってすご いですよね・・・。

 

そして、中学校時代に38校からスカウトを受けた結果、

私立横浜高等学校に入学をして、

後に1年後輩にあたる松坂さんとバッテリーを組むことになります。

強豪校で知られる横浜高校で正捕手を任されるとは、

やはりその腕は確かなものと思ってもいい様子です。

 

ですが、松坂さんが入部した年の全国高等学校野球選手権神奈川大会の試合中に

右ひじの神経を断裂するという怪我の為、

正捕手の座を渡すこととなってしまったそうです。

 

その後手術を受けたりリハビリなどを重ね、高校3年生の夏に

また背番号2の座を取り戻したそうですが、

その時に嬉しさよりも安堵感の方が勝ってしまったことを機に

野球の道を退くことを決意したのだとか ・・・。

 

もし、怪我がなかったら幼い頃からの夢の通り

プロ野球選手として活躍することとなっていたのでしょうか??

松坂選手ともまた違った絡みが見られたのかもしれませんよね。

ですが、復帰の際に安堵感を覚えたことを野球に対して失礼、

と思ったというエピソードも上地さんらしいですし、

そういった真摯な態度で臨んでいたから結果を残してこれたんでしょうね^^

バラエティで野球をする上地さんの姿を見たことがありますが、

野球好きの芸能人同士の真剣勝負などで活躍する

上地さんの姿も見てみたいなぁ、と思いました!!

 

では、これで上地さんの野球の実力に関しての記事を終わります。

最後まで読んでくださってありがとうございました♪

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す