三宅健は手話が驚くほど堪能!?習得の意外な理由とは?

今年も24時間テレビの放送が間近に迫り夏の終わりを感じますよね。

24時間テレビは毎年多くのジャニーズ事務所の方たちが活躍しているのが印象的ですが、

V6の三宅健さんが手話が堪能であるという噂を聞きました。

 

三宅さんがどうして手話が堪能なのでしょうか?

どれくらいの手話を話せるのでしょうか?

もしかして24時間テレビがきっかけで覚えていたとか??

などなどの疑問について調べました!!

まずは三宅さんのプロフィールからご覧ください♪

 

「プロフィール」

 

本名 三宅健(ミヤケ ケ ン)

生年月日 1979年7月2日

出生地 神奈川県

活動期間 1993年~

活動内容 V6のメンバーの一人として1995年に歌手デビュー

事務所 ジャニーズ事務所

 

最近は舞台での活動が多いようですね♪

 

「手話が堪能って本当?」

 

三宅さんは仕事の合間に手話教室に通い、

週に一度二時間ほどのレッスンを三年間積み重ねて手話を習得していったそうです。

 

その腕前はNHK「みんなの手話」(毎週日曜、よる7時~)にて

ナビゲーターを務められるほどのものだとか。

 

三宅さんいわく、

「手話は言葉数が少ないので、それに適切な日本語を選び

表現するのに毎回、苦労している」

とのことですが、充分過ぎますよね!!

よくジャニーズの方たちって歌のふりつけの一部に手話を取り入れていたりしますが、

一部を覚えるのとは全然違いますものね。

ナビゲーターを務められるほどだなんて、想像以上に習得していました。

忙しい毎日の中でそこまで手話を覚える努力は相当なものだったと思いますが、

どうして三宅さんは手話を習得することになったのでしょうか?

 

「三宅健はどうして手話を習得した?」

 

三宅さんが手話を習得した理由は、ファンの方との出会いがきっかけだったようです。

 

握手会に三宅さんファンのろう者の女の子が来て、

三宅さんに手話で語りかけたのですが、

手話が分からなかった三宅さんはその時どう答えていいか分からず、

そのことが三宅さんの中でずっと引っかかっていて、それから

「手話を覚えて話せるようになろう!!」

と思ったみたいなのです。

すごいですよねぇ。

 

このファンの方もすごく嬉しいですよね。

一人ひとりのファンと大切に向き合おうとする三宅さんの気持ちが

とても伝わってくるエピソードです。

 

三宅さんが手話をずっと勉強していたことはメンバーもみんな知っていたようで、

ナビゲーターを務めることが決まったときはみんなから祝福を受けたそうですよ。

 

 

三宅さんの努力と気持ちが報われたということですものね。

 

三宅さんのファンの方の中には、三宅さんがきっかけで

手話を始めようとしてる方もいるようです。

こうやって温かい輪が広がっていく ことは本当に素敵なことですよね!!

これからも頑張っていって頂きたいです^^

 

では、これで三宅さんと手話についての記事は以上になります。

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す