リリーフランキーの名前の由来は!?本名は何?

マルチな活躍をされているリリーフランキーさんですが、

NHKで放送される村上龍さん原作「55歳からのスローライフ」というドラマで

第1回目の主人公を演じることになりました。

リリーフランキー

ところで、リリーフランキーさんって、日本人のはずなんですけど

どうして名前がカタカナなんでしょうね?

 

名前の由来について調べてみました。

 

プロフィール

 

本名 中川雅也(なかがわまさや)

生年月日 1963年11月4日生まれ

出身地 福岡県北九州市小倉

学歴 武蔵野美術大学卒

 

意外に本名は普通なんですね(笑

俳優でもあり、イラストレータ、小説家、ミュージシャン、絵本作家、演出家など

多く活躍されています。

 

リリーさんの代表作である「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」は

作家としての位置を確立したものですが、この作品は

本当に田舎からでてきて東京で暮らしている人にとっては

どこをとっても涙がでる作品ですね~。

 

俳優としては「ぐるりのこと」「そして父になる」「凶悪」などで数々の賞を受賞されています。

イラストレーターとしては「おでんくん」など、マルチな活躍は数えきれないほど・・・

 

個人的には大和ハウスのCM「ここで一緒に」で

深津絵里さんとの夫婦役のリリーさんが本当はしりに敷かれているけど

いばっているような哀愁ただよう中年の男を演じているのがとても好きです(笑

 

しかし、彼はなぜ、今まで独身なんでしょうね?

彼女だといって昔、「笑っていいとも」にダッチワイフを連れてきて、

名前も理々香となずけて連れてきたとがありましたが、

どこまでが本当でどこまでがジョークなんでしょう?(笑

謎に包まれていますね~。

 

名前の由来は?

 

とても味のある風貌でかなりの人気があるリリーフランキーさんですが、

なぜこの名前なんでしょう?

 

「リリー」というのは、大学時代に非常に仲の良い男友達がいて、いつも一緒にいたら、

まわりの人から「ゆりと薔薇のようだ」と言われたそうです。

リリーは花のユリですよね。薔薇というのはゲイを示す言葉で、

本人はそういう気はないのですが、当時流行っていた

カルチャークラブのボーイジョージに憧れていたので、

男か女かわからない中性的な意味をこめて「リリー」とつけ、

「フランキー」というのは、「RERAX」という曲を歌っていた

「フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド」からとったそうです。

 

なかなかカタカナの芸名にする方は珍しいですけど、

こういった決め方をする方もいるんですね~

 

 

では、リリーフランキーさんの名前の由来についての記事は以上です。

読んでいただいてありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す