サンドウィッチマン冨澤たけしの霊感がヤバイってホント!?驚きのエピソード!

サンドウィッチマンは、いつも面白いネタで笑わせてくれますよねー。

サンドウィッチマン

 

霊感があるような雰囲気は、ふたりともないんですが、

冨澤さんは霊感が強いらしく、いろいろな心霊現象を体験しているそうです。

ちょっと怖いんですが、気になったので調べてみました。

 

 

「プロフィール」

サンドウィッチマン冨澤

本名 冨澤 岳史(トミザワ タケシ)

生年月日 1974年4月30日

出身 東京都

コンビ名 サンドウィッチマン

相方 伊達 みきお(ダテ ミキオ)

同期 麒麟・トータルテンボス・次長課長など

 

結構、同期に売れてる芸人さんが多いんですねー。

ビックリしたのが、ずっと宮城の方だと思ってたのに、出身が東京だったことですね。

生まれは東京で、その後、何回か引越しをして、最終的に宮城に移り住んだみたいです。

 

 

「冨澤の霊感はホントにヤバかった!」

 

冨澤さん本人が、霊感があると言ったことはないようですが、相方である伊達さんは、

かなり気持ち悪い思いをしているようです(笑

 

サンドのふたりは売れていない頃、数年間一緒のアパートに住んでいたんですが、その時のことです。

 

お笑いだけでは食べていけない頃って、バイトをするじゃないですか。

冨澤さんは当時、駐車場でバイトしてたんですが、バイト先に伊達さんが行くと、

停まっていて誰も乗っていない車のカギが、開いたり閉まったりしていたそうです!

車内のロックかける部分ですね。

 

これだけでも十分怖いんですが、普段、ふたりで部屋にいても、

コーヒーカップに入れてあるスプーンが勝手にクルクルしていたりするんですって!!

自宅でこんなことが起きてたら、引っ越したい気分ですよね!

 

しかし、ビビってる伊達さんの横で、冨澤さんは、

「いつものことだから~」と慣れた様子で、しまいには

「霊がかき混ぜてくれてるんだよ」と、言いだす始末です。

慣れって怖いですね(涙)

 

しかし、これだけ肝のすわっている(?)冨澤さんも、怖くて仕方なかった出来事がありました。

ふたりがまだ若かった頃、肝試しをすることになって、お墓に行ったそうです。

でも、冨澤さんは全然怖がらなかったので、怖がらせてやろうと、伊達さんが

冨澤さんを墓地に置き去りにしました。

普通、こんなことされたら発狂ものですね!(笑

 

その墓地は、山の中にあって、周りには火葬場しかありません。

しばらくして伊達ちゃんが、戻ってみると、

冨澤さん以外誰もいなかったはずなのに、冨澤さんが知らないおじいさんと話していました。

 

肝試しに行ったのは3月ごろで、宮城の3月といえば、

たまに雪も降るくらいまだ寒い時期です。

なのに、そのおじいさんは、上下ジャージという薄着だったようです。

 

伊達ちゃんが戻ってきたことに気づいた冨澤さんは、ダッシュで車に戻ってきたそうです。

不思議に思って、誰?と聞いている伊達さんに「お化けだよ!」と。

かなり焦っていたそうですから、相当怖かったんでしょうね。

 

ハッキリと人間に見える姿に、おかしいな?

と思いながら、いったんはその場から離れて、

30秒くらいで確かめに戻ったら、そこにおじいさんはいなかったそうです・・・。

 

面白半分で心霊スポットやお墓に行ってはいけないという例ですね(汗)

調べたことをちょっと後悔するくらい、怖かったです・・・(笑

 

 

では、サンドウィッチマン冨澤の霊感についての記事は以上です。

読んでいただき、ありがとうございました!!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す