中村うさぎがスティッフパーソン症候群になった原因とは!?

先月25日に再入院した作家の中村うさぎさんがついに退院しましたね。

2日の朝にツイッターで
「ナースに叩き起こされないで9時まで寝れるなんて、自宅は天国じゃー!」
と喜んでいたそうです(笑

 

ん?
そもそも中村うさぎさんって誰かって?(笑

彼女は女性小説家ですね。
またエッセイストでもあります。

主な作品は
「ゴクドーくん漫遊記シリーズ」
「JAJA姫武遊伝シリーズ」
「宇宙海賊ギル&ルーナ」
あたりでしょうか。

 

また、彼女は顔の整形を12か所行っていたり
豊胸手術もしてみたり、デリヘル嬢をやってみたりとなかなかな人物です(笑

ただ、本人がそれを大々的に宣伝しているので、むしろすがすがしいくらいですね。
そのせいか、整形を隠していたりする人より不信感のようなものはあまりないというのが世間の評価です。

 

 

そんな中村うさぎさんですが、昨年の8月に

「スティッフパーソン症候群」

という病気にかかってしまい、入院されたようです。

 

 

え?
スティッフパーソン症候群って何だよって?

 

 

自分も聞いた事のない病名ですので分かりませんw

 

なので、どんな病気なのかいろいろと調べてみました。

 

—————

非常に稀な進行性の神経性疾患で、自己免疫疾患の一種。 筋肉を弛緩させるための神経系統がうまく働かず、痛みを伴う体の硬化や筋けいれんを起こし、音や接触などの体感によって症状が誘発、悪化する。
(別名:スティッフマン症候群(Stiff man syndrome; SMS)、スティフ・マン症候群、全身強直症候群、全身硬直症候群)

以下、うんたらかんたら・・・

(wikipediaより)

—————

 

 

・・・

 

 

ちょっと何言ってるか分かんないですねwww

 

という人のために分かりやすく説明すると

 

・全身の筋肉が固まっちゃって思うように動かなくなる
(転倒が増えたり、表情が作れなくなったり)

・感覚が敏感になって音とかの刺激にも弱くなる

・吐き気や手の震え、発汗などの症状が出る

 

と、こんな病気だと思っていただければいいかと。

 

なんと明確な治療法はまだないみたいです・・・

 

 

 

この病気の発症原因が

「自己免疫疾患」

と言われています。

 

どういう事かというと

自分の体をバイ菌や病原菌から守ってくれてる免疫が
自分の体の中の正常な部分を攻撃しちゃうせいで
体に異変が起こってしまうというものです。

 

これは女性に多いみたいですね。
ホルモンバランスが関係しているようですが
原因は詳しくは分からないのだとか・・・

 

 

スティッフパーソン症候群は
原因の分からない自己免疫疾患から発症する病気なので
当然、根本的に治したり予防する事は出来ないそうです。

薬を飲んで抑えるしかないようですね。

 

 

まぁでも、中村さんはなんとか退院も出来たようですし
突然死に至るような怖い病気でもなさそうなので
ゆっくりと休養をとって早く元気になってほしいですね!

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す