【動画付き】頚椎損傷の恐怖!小室哲也さんが危ない!!

1月31日に小室哲也さんが頚椎損傷事故に遭う事件がありました。

それによって小室哲哉さんは全治1週間の頚椎損傷の怪我を負ってしまいましたが
はたして小室さんは大丈夫なのでしょうか?

報道だとそんなに大きく取り上げてないですし
小室さん本人もそこまでヤバイみたいな感じではないのですが

頚椎損傷は実はかなり恐ろしい怪我なんです!

どのくらい恐ろしいかというと、

下手すれば一生植物人間です。

人間というのは体の中心にあり、骨に守られている
脊椎が体を動かす際に重要な役割を果たしています。

どういうことかというと、
体を動かす信号を脳が自分の体へ伝える時に
脊椎を通って体にある運動神経まで届くわけです。

つまり、何か危険なものが迫っている時

脳が
「ヤバイ!これにぶつかったら危ないぞ!!」
と危険感知します。

その後
「体を動かして避けなければ!!」
という信号を脳が体の器官へ送り込みます。

その時にその信号を通る場所が脊椎というわけです。
「よし、足よ!危険物を避けるために動け!!」
と、脊椎が命令するわけですね。

そして、体は動いてくれると(笑

しかし、頚椎損傷、つまり脊椎が機能しなくなると
脳がいくら信号を送っても
パイプ役となる脊椎が動いてくれないので
体が動かなくなるわけですね。

いわゆる植物人間状態です。

 

頚椎損傷の怖さはなんとなくわかったでしょうか?

小室さんはその重要な部分を怪我してしまったので
正直、危ない状況にあるといってもおかしくないのでは、と思ってしまいます。

後遺症とか怖いですよね・・・

 

頚椎損傷について分かりやすく解説した動画があったのでこちらに載せておきます↓

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す