爆笑問題、脱法ハーブ事件報道後たまらず元マネージャーが起こした事件について謝罪!

爆笑問題の元マネージャーが覚せい剤を使用していたとして逮捕されましたが、

そのことで、太田光さんがサンデージャポン(サンジャポ)で謝罪したんですね。

爆笑問題←爆笑問題のお二人

 

いつもサンジャポは見てるんですが、この時はたまたま見てなかったので、

元マネージャーのことや謝罪のことを、調べてみました。

 

 

「プロフィール」

 

太田さんのプロフィールです。

 

本名 太田 光(オオタ ヒカリ)

生年月日 1965年5月13日

出身 埼玉県

所属事務所 タイタン

コンビ名 爆笑問題

相方 田中 裕二(タナカ ユウジ)

配偶者 太田 光代(オオタ ミツヨ)

 

知ってる方がほとんどだと思いますが、太田さんの奥様である光代さんは、

爆笑問題の所属事務所の社長です。

 

太田光代

 

光代さんも元はタレントでした。

相方の田中さんとは、大学時代に知り合い、爆笑問題を結成したそうです。

 

 

「脱法ハーブ暴走事件も他人事ではなくなった!?」

 

太田さんが謝罪をする前に、池袋での自動車暴走事故について取り上げていたのですが、

この事件を知ったときには本当にビックリしました。

 

7人を次々とはねとばして、ひとりが亡くなるという、悲惨なことが起こった事件ですが、

犯人は車の中で脱法ハーブを吸い、運転しながら記憶が飛んでしまったそうです。

警察に車から引きずり出される犯人の顔は、目はうつろでヨダレを垂らしていました。

 

その時に脱法ハーブってかなり危険な物なんだなと思いましたね。

繁華街の午後8時って言ったら人で賑わってる時間帯です。

そんなときに、歩道に車が勢いよく突っ込んできたら・・・。

どうしていいかわからないです。

 

 

太田さんも、今までは薬物の事件を番組でとりあげても、

第三者としてVTRを見ることやコメントすることができたのでしょうが、

今回の脱法ハーブ事件は、元マネージャーの件があっただけに、

冷静な気持ちで見ることはできなかったのではないかと思います。

そうして、VTRを見た後、謝罪を行ったわけですね。

 

「爆笑問題と元マネージャーの関係と退職理由」

 

なんと、爆笑問題の二人と捕まった元マネージャーは、

タレントとマネージャーという関係以上のものだったようです!

太田さんと田中さんが大学時代に知り合ったのは、↑でお話しましたが、

実は、この元マネージャーも大学時代の友人だったんです!!

 

付き合いは31年にもなるわけですから、裏切られたような気持ちもあるんでしょうねぇ。

 

もしかしたら、今でもマネージャーを続けていたら

もっと大変なことになっていたかもしれませんが、

2年前に居眠り運転で事故を起こして、タイタンを解雇されています。

噂によると、人身事故で賠償金もかなりの金額らしく、

詳細はどこにも載っていないので想像ですが、

被害者が死亡したか、かなりのケガや障害が残った可能性がありますね。

 

そしてなんと、覚せい剤の使用は、

爆笑問題のマネージャーをしていた頃から使っていたようなんです!!

これは、爆笑問題のふたりもかなりショックでしょうね。

もしかしたら、居眠り運転も覚せい剤と関係があったんでしょうか!?

 

ネット上では、ホントは知っていたから解雇したんじゃないか?

とか、芸能界の薬物汚染に呆れる声も聞こえますが、

社長である光代さんは、全社員、タレントに薬物検査を実施すると公言しています。

 

 

「サンデージャポン内で太田光が謝罪」

 

サンジャポといえば、日曜日のワイドショー的でバラエティー的な感じの番組ですが、

事件やゴシップを扱うときには、結構キツイことや、的を得たことを意見することもあります。

 

そして、太田さんといえば真剣なことを言っても必ずボケるような感じですが、

今回の元マネージャーの件は、ボケなしで謝罪していたようです。

もう会社を退職した人間が起こした事に謝罪をする必要はないのかもしれませんが、

友人と呼べる関係であったことや、

会社に在籍中から覚せい剤中毒だったことなどを考えて、

頭を下げたのかもしれないですね。

 

簡単に説明すると、太田さんは

「身近に起こった事で防げなかった事に、一部責任を感じています。お騒がせして申し訳ありませんでした」

といった事を言っていたようです。

 

芸能人って大変ですね・・・。

 

 

では、爆笑問題と元マネージャーについての記事は以上です。

読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す