桂歌丸さんが慢性閉塞性肺疾患で入院!COPDの恐怖とは!

29日に慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折で笑点でお馴染みの桂歌丸さんが入院されました。

 

過去にも歌丸さんは肺炎等による入院歴がありますが
今回の慢性閉塞性肺疾患とはどのようなものなのでしょう。

 

なんか名前を聞いただけでやばそうな感じですよね(笑

 

 

 

慢性閉塞性肺疾患は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つで
死よりも恐ろしい病気として知られています。

 

 

以前の入院の時は肺気腫として入院されていましたが
今回の件もそれに類似する病気のようです。

 

アルファベットで「COPD」と呼ばれていますので
どこかで聞いた事はあるのではないでしょうか。

 

 

世界でなんと年間300万人もの人が命を落としていて
死亡要因が全ての原因の中で第4位という恐ろしい病気なのです。

 

 

 

 

 

この病気の主な原因は・・・

 

 

 

 

 

ずばり

「タバコ」

です!!!

 

 

 

日本では「タバコ病」とも呼ばれるくらい多くの人がかかる病気なんですよね。

 

喫煙者は未だに多いですからね~

 

 

 

 

実は歌丸さん、以前はかなりのヘビースモーカーだったようで

 

そりゃなってもおかしくないでしょって感じですね(笑

 

前回の入院の際に

「あんなつらい思いをするのだったらもうタバコはやめる!」

と決意表明をされていたくらいです。

 

 

 

 

COPDは死につながるとても恐ろしい病気ですからね・・・

 

タバコをやめろとは言いませんが

喫煙者の方は十分に気をつけた方がいいでしょう。

 

 

 

 

タバコは体への影響が大きいですからね。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す