錦織圭、ナダルに7度目の敗退!エアケイ発揮出来ず。

テニスのマドリード・オープンが開催されていましたが、11日に男子シングルス決勝が行われましたね。

なんと錦織圭選手、旋回のバルセロナオープン大会に引き続き、今回も決勝まで進出していました!

錦織圭

世界ランキング12位の錦織圭選手ですが、決勝戦の相手は

ランキング1位のラファエル・ナダル選手。

 

2大会連続優勝を目指していましたが、なんと途中棄権により準優勝で終わってしまうという結果に。

 

ゲームカウントは

1セット目は6-2

2セット目は4-6

そして3セット目の0-3というところで棄権。

 

ナダル選手から最初に2つのブレークを取り1セット先取、

このまま押し切れるかと思いきや、2セット目から腰の痛みが走り

セットも取られ、流れは完全にナダル選手へ。

 

その後も試合中に痛みが続き、棄権を余儀なくされたそうです。

 

こちらが棄権した時の映像です。↓

 

しかし、錦織選手は試合終了後の世界ランキング発表で、

日本男子テニス界で初となる9位に浮上しました!

 

まだまだ錦織選手は伸びますね!

 

試合を見ていた人もメディアも、相手のナダル選手さえも、

「錦織の怪我がなければ、試合はどうなっていたか分からない。」

とそろってコメントしていたそうです。

 

こちらが試合前半の映像です。↓

7:35~の決め球や最後のラリーの素晴らしさは圧巻ですね!

 

今回、錦織選手の得意技である「エアケイ」はあまり見る事が出来ませんでした。

 

噂によると、エアケイはジャンプして打つショットなので

体への負担がかなり大きく、海外選手よりもフィジカルの弱い錦織選手は

あまり連発する事は出来ないのだそうです。

 

というか、錦織選手は怪我の多いスペランカーとして有名ですが、

それも、エアケイが原因の可能性もあるとか・・・

(錦織選手は毎年数回は怪我により試合を棄権しています)

 

 

ポテンシャルは高いので、後は肉体強化が大事となってくるのではないでしょうか。

事実、今回もフィジカルが強ければ勝てたかもしれませんし。

 

まぁ技術だけじゃないそういった強さも含めてテニスというスポーツなので、

錦織選手にはフィジカル強化を特に視野に入れて

今後練習に励んでいってもらいたいですね!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す