ワールドカップ韓国対アルジェリア戦でレーザー攻撃!?

23日の早朝4時から行われた、韓国対アルジェリアの試合ですが、

韓国2点、アルジェリア4点と、韓国は惨敗ともいえる結果でした。

ワールドカップ

そんな試合の中、なんと観客がアルジェリア選手に

レーザー攻撃をしたとの事件がありました。

 

 

「前半シュート0?」

 

実際の試合は早朝だったので見ていないのですが、

見ていた人の話を聞くと、散々だったらしいです(汗)

前半にアルジェリアが3点入れたようですが、

その間、韓国選手はシュートを1本も打っていなかったようで、

自国民を非難することが少ない韓国の人たちも、

「恥ずかしい」とか、「最悪だ」とかいうコメントが多くを占めています。

これは珍しいことですよね。

 

後半開始後すぐに1点を入れて、あと2点差になった韓国ですが、

その後、アルジェリアに4点目を入れられてしまい、

開始から27分後には再び韓国が1点を返しましたが、追いつかず試合終了になりました。

やはり、前半にシュートがないというのが響いていたのではないでしょうかね。

 

 

「犯人は誰!?アルジェリア選手にレーザー攻撃!」

 

試合だけであれば、これほど騒がれることはなかったでしょうが、問題はコレです↓

レーザー攻撃

 

青い光が顔にあたっているのがわかりますよね??

これ、レーザーポインターといって、日本では15年ほど前に

光が目にあたり視力低下が起こったなどの報告が相次いで、販売に規制がかかった物です。

 

現在、日本で売られているレーザーポインター(JIS規格の物)は、

5段階表示になっていて危険度がわかりやすくなっていますが、

今回、アルジェリアの選手にあてられたレーザーは、どうなんでしょうね??

大丈夫だったんでしょうか・・・。

 

また、こちらでは、顔ではありませんが違うレーザーポインターが、あてられています↓

レーザー攻撃②

 

ちょっとわかりにくいですが、お腹のあたりに黄緑色の光があるのがわかります?

これが、レーザーポインターです!

 

犯人がハッキリ判明していないので、憶測でものは言いたくありませんが、

普通に考えると、う~ん・・・って感じですよね(汗)

特に、日韓戦ではスポーツに政治を持ちこんだりもしているので、

日本人だと、あらぬ想像をしてしまうのかもしれません。

 

とにかく、犯人が誰であっても選手にこんなことをするのは許されることではないですよね!

スポーツといっても、勝負事なので熱くなる気持ちもわかりますが、

勝っても負けても、お互いに気持ちよく終わりたいものです。

 

 

それでは、W杯での韓国対アルジェリア戦で起こった事件についての記事は以上です。

読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

2件のコメント

  • 匿名

    恐ろしいレーザー攻撃だ

  • 匿名

    最近は試合時のレーザーポインターだけでなく練習所や合宿先、宿泊先への海洋調査船からの高度なレーザー攻撃もあるらしい

コメントを残す