藤田朋子の夫は誰?仕事をする前は暴走族だった!?

ミュージカル「レ・ミゼラブル」の舞台でデビューし、

「渡る世間は鬼ばかり」などの人気ドラマにも出演し、根強い人気のある女優、藤田朋子さん。

藤田朋子

英語もペラペラで、女優業とともに音楽活動もされているようです。

 

そんな彼女、現在も一緒に音楽活動をしているメンバーである桑山哲也さんと

2005年に結婚し、幸せな暮らしをされているようですが、

夫である桑山さん。

実は昔はかなりやんちゃだったことで知られているようです。

 

桑山哲也さんってどんな人?

 

桑山さんは1972年4月13日生まれ、現在41歳のアコーディオン奏者です。

桑山哲也②

桑山哲也

日本で唯一「クロマティック・アコーディオン」という

ピアノのように半音階の音も出せる楽器の演奏者で、

フランスやアルゼンチンなどでも活躍するすごい方。

 

6歳の頃からアコーディオンを始め、

12歳の時には全日本アコーディオンジュニアコンテストで第1位を獲得、

フランスの有名奏者、デデ・モンマルトルさんのもとで修業し、

10代にしてプロ活動を開始。

 

日本人最年少で、フランスで行われた

「シャルトル・アコーディオン・フェスティバル」に出席するという実績を残しています。

 

アコーディオンを演奏する人なら桑山さんの事を知らない人はいない!

と言われる程の実力の持ち主だという事ですね。

 

 

アコーディオンを弾く合間に暴走族として活動!?

 

そんな桑山さんですが、高校時代は徒歩暴走族だったという事が知られています。

 

暴走族というとバイクや車を走らせて迷惑行為をするというイメージがありますが、

桑山さんの出身は北海道札幌市。

車やバイクがそんなに走れるところではありません。

 

なので、町の周辺を歩き回って迷惑行為をしていたらしいです。

暴走族だなんて言われていますが、いわゆるタダのヤンキーですね(笑

 

なぜ、日本を代表するアコーディオン奏者が

かつてはヤンキーだったのか知る由はありませんが、

どんなにすごい人でも昔は若気の至りといったものがあるという事でしょうかね(笑

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す