実写版ルパン黒木メイサの不二子はミスキャスト!?ピッタリは誰?

8月30日に公開される実写版「ルパン三世」ですが、

峰不二子役の黒木メイサさんがミスキャストじゃないか!?

と言われているみたいです。

人気アニメの実写化ということで、かなりハードルが高いのは事実ですが、

どこら辺がダメと言われているのか調べてみました。

 

「プロフィール」

黒木メイサ

本名 島袋 さつき(シマブクロ サツキ)

生年月日 1988年5月28日

出身 沖縄県

配偶者 赤西 仁(アカニシ ジン)

 

黒木さんってブラジル系アメリカ人と日本人のハーフなんですねー。

どうりで目鼻立ちがハッキリしてるはずです。

上にお姉さんが3人いるらしいですが、きっとお姉さん達も

美人なんじゃないかなーと思います。

 

「前にも実写化されていた!?」

 

実はルパン三世の実写化は、今回が初めてではありません。

1974年に「ルパン三世 念力珍作戦」という作品で映画化されてます!

 

ちなみにキャストは

 

ルパン 目黒 祐樹(メグロ ユウキ)

峰不二子 江崎 英子(エザキ エイコ)

銭形警部 伊東 四朗(イトウ シロウ)

次元大介 田中 邦衛(タナカ クニエイ)

 

と、なってます。ちょっとピンと来ないですよね。五右衛門は登場しないそうです。

 

旧ルパン三世 映画

 

んと~・・・いろいろと言いたい事はありますが、

ココまで突き抜けてたら、逆にOKな感じもしなくもありません(汗)

内容を見ていないですし、時代が古いので、その時の感覚とかがわかりませんが、

ルパンを演じた目黒さんは

「原作通りに作るのは無理!だから原作を考えずに好きな様に作ろう!」

という話し合いの結果だったと言っていました。

 

「ルパンといえばあの名曲!」

 

ルパン三世の音楽と聞いて、一番最初に思い出すのは、

「ルパン3世のテーマ」

を挙げる人が多いと思いますが、今回の実写版ルパンでは、この曲は聴けません!

ルパンじゃないじゃん!と思うかもしれませんが、これには理由があります。

 

映画の制作はTBSが行っていますが、アニメの制作は日本テレビなんです。

TBSの方としては使用したいと申し出たようなんですが、

日本テレビは使用許可しなかったようです。

ライバル局だからなのか、作品の世界観を大切にしたのか、

理由はわかりませんが、前者の理由のほうが可能性としては高そうですよねー。

 

映画は公開前なので何とも言えませんが、

ルパンのテーマが使用できないという事は、アニメ版で使用していた曲は

全て使えないんじゃないんですかね?

 

「不二子はミスキャストだった!?」

 

今回のルパン三世実写化では、ネット上でかなり批判されているようです(汗)

一番はキャスティングで、男性陣からは不二子のキャスティングが不満という声が多いです。

 

「子持ち不二子はダメ」

「そそられない」

「胸の大きさが違いすぎる」

 

などなど、男性が不二子に夢を抱いていたのがわかる理由ばかりです(汗)

じゃあ誰ならイイのさ!?って話になりますが、多くの人が藤原紀香さんを挙げています。

 

藤原紀香

 

確かに、イイ感じかもしれませんが、他のキャスティングと

年齢が離れすぎるなど問題もありますからねー。

まぁ、個人的には黒木さんの不二子も悪くないんじゃないかなーとは思うんですけどね。

「みんなが考えるベストキャスティングはコレ!?」

 

実写版の主なキャスティングは↓なんですが

 

ルパン三世 映画 キャスト

 

ネット上の意見と、わたしの意見を組み合わせた

ベストキャスティングを発表したいと思います!

 

ルパン

小栗さんは案外似合ってるという声は多いですが、別の人にするなら、

 

大泉洋

大泉洋さんという声が多かったですねー。

 

その他をまとめて紹介すると、

次元はオダギリジョーさん、

五右衛門が豊川悦司さん、

銭形警部は杉本哲太さんでした。

 

ルパン三世 新キャスト

 

わたしがこれはイイ!と思ったのは、銭形警部の杉本哲太さんですね。

「ルパ~~~ン!!」って叫びながら追いかけるのが似合いそうです。

 

 

それでは、実写版ルパンの黒木メイサさんの不二子と、
ピッタリなキャスティングについての記事は以上です。

読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す